布団クリーニングの必要性

服と同じく布団にも汗と皮脂が付着します

私たちの日常生活において衣類は必要不可欠なものです。そしてそれらはほぼ毎日必ず洗濯します。

ではなぜ洗うのでしょうか?

人は生きていく上で絶対に汗をかき、それと同時に皮脂も分泌します。汗は体温調整、皮脂は表膚の保護と役割がありとても大切なのですが、繊維物にはこれがとても厄介なのです。

汗の成分はご存知のとおり尿に近いもので、酸・アルカリ・塩などの繊維を傷めるものを多く含んでおり、特にアンモニア化合物は繊維そのものを脆くします。

布団クリーニングの必要性

皮脂はその名のとおり『あぶら』であり、空気中の酸素によって酸化を起こし、黄色物質になってしまいます。表膚上に付着している細菌の影響により臭いも発生します。それらを防ぐためにも、お布団も定期的にお洗濯する必要があるのです。

吸収された汗がお布団を傷つける

人は一晩に約180cc(コップ1杯)の汗をかくといわれています。

パジャマやシーツも、一晩にかいた汗の一部を吸収してくれますが、ほどんとは布団が吸ってしまいます。
掛布団には約30%、敷布団には約70%の汗が吸収されてしまうのです。

汗に含まれる成分、酸・アルカリ・塩・アンモニア化合物などが布団の繊維を傷つけ、中わたの復元力や保温力を低下させてしまいます。

アレルギーの原因

ダニの温床

汗や皮脂により布団が傷むことはご理解いただけたと思いますが、もっと厄介な存在がダニです。
日本は特に湿度の高い気候で、しかも近年は高気密の住宅が多くなっており、かつエアコンの普及により部屋はぬくぬくで換気も不足、ますますダニの繁殖を助長してしまっています。
ダニは目に見えないほど小さな存在なので 私たちも意識することが少ないかと思いますが、日本家屋内においてダニのいない家はありません。(旧厚生省の検査でも実証されています)

ダニにも種類は様々なのですが、日本家屋内で特に見られるのがチリダニ類です。チリダニ類そのものは人体に無害なのですが、ダニのフンや死がいが、アレルギーの原因物質(通称アレルゲン)となってしまうのです。

アレルギーの原因

一般家屋ではチリダニ類が主(全体平均の90%)で、その他にコナダニ類(米・麦など食品 に寄生)や、人を刺すツメダニ類(ネズミなど小動物が持ち込むが近年少ない)などが有名です。これらはその小ささから気づくことができませんが、家屋内で も数万~数十万匹生息しているものなのです。
そしてチリダニ類は基本雑食ではありますが、特にタンパク質系を好みます。ダニは人から出るフケ・アカな ど表膚からの脱落物が大好物なのです。
布団は人の汗により湿度・温度共に最適おまけに食事付と、チリダニ類にとってまさに楽園です。

アレルギーとアレルゲン

よく耳にするアレルギーとは、ある特定の物質に対し過敏に反応を起こしてしまう免疫反応のことです。ダニ達の死がいやフンがアレルゲン(アレルギーの原因物質)となり、これがアレルギー体質の方の体内に入ってくると、過激に免疫反応を起こしてしまうのです。(花粉症も同じですね)

布団内がダニにとって楽園ということは、首都圏人口密度並みにダニ密度が高い訳で、アレルゲンの真っ只中で眠っている様なものなのです。

お布団を干すだけではダニは死にません

布団は表裏返して干せば、湿度が下がりホクホクお日様の香りですが、残念ながらダニ達は布団の厚みの中を行き来するだけで、ほとんど死にません。
しかも布団をバンバンと叩くことによって、ただでさえ小さいフンや死がいをもっと細かく砕いてしまい体内侵入しやすくしてしまっているのです。
常時アレルゲンと一緒では、アレルギー体質でない方もアレルギー体質になってしまいます。

シーツや布団カバーを週に1度は洗濯し、ダニの死骸やダニの食料となるアカやフケを洗い落とすだけでも防ダニ対策になります。布団・寝具に掃除機をかけるのも効果的です。
さらにダニ達の温床となっている布団を専門技術で丸洗いし、ダニやその卵、フンや死骸などアレルギーの原因となるものを洗い流すことで、お布団をすっきり清潔にすることができます。

お布団を干すだけではダニは死にません

布団をしまう前に丸洗いを

お布団を頻繁に洗うことは難しいですが、1年に1回程度、定期的に丸洗いすることをおすすめいたします。
汚れや臭いをすっきり洗い流し、次のシーズンには清潔で気持ちの良いお布団で快適な睡眠を迎えましょう。