敷き布団のクリーニングに宅配で対応!血液汚れの応急処置・クリーニング料金の相場とは?

敷き布団に血液汚れがついてしまうトラブルは意外と多いです。ケガや靴ずれ、鼻血をはじめ、女性は生理中に布団を汚してしまうこともあるかもしれません。敷き布団に付着した血液汚れがシミになるのを防ぐなら、クリーニングに出すのはもちろん、早めの応急処置が必要です。

こちらでは、血液汚れがついたときの落とし方をご紹介いたします。

敷き布団のクリーニング前に!血液汚れの応急処置法とは?

敷き布団の汚れの応急処置方法について

敷き布団に血液がついた場合、まずティッシュや乾いたタオルを使って血液を拭き取ります。このとき、ゴシゴシこするとかえって汚れが広がり、布地が傷む原因にもなるため注意が必要です。汚れをポンポンと叩き、押さえて吸い取りながら落としていきます。水で湿らせた布巾やタオルに汚れを移すようなイメージです。

血液に含まれるタンパク質は熱を加えると凝固し、落ちにくくなります。血液汚れを落とす際は熱いお湯は使わず、30度以下のぬるま湯を使いましょう。

血液汚れがなかなか落ちないときは、中性洗剤や石鹸、ボディーソープなどを使うのがおすすめです。水で3~5倍に薄めた洗剤を綿棒や歯ブラシにつけ、汚れを叩くようにして落としていきます。浮き上がった汚れは濡らした布巾やタオルで拭き取ります。洗剤を使った後は敷き布団の布地に洗剤が残らないよう、水やぬるま湯でしっかりと落とすことが大切です。

応急処置をすれば、血液汚れはある程度落とせます。しかし、家庭用洗剤で血液汚れを完全に落とすのは難しいです。

敷き布団の布地や内側に血液汚れが残ると、時間の経過とともにシミになって目立ってしまうこともあります。そのため、敷き布団が汚れたらクリーニングに出して丸洗いしましょう。

クリーニング料金・費用の相場とは?

クリーニング料金の相場

敷き布団には、就寝中に出る汗や皮脂などの汚れがどんどん蓄積していきます。その汚れをエサとするダニやカビが発生し、不衛生な状態になってしまうこともあります。ベランダなどで敷き布団を干せば湿気やホコリを飛ばすことができますが、汚れまでを落とすことは不可能です。清潔な布団でぐっすり眠りたいのなら、敷き布団をクリーニングに出すのがおすすめです。

敷き布団のクリーニングにかかる料金は業者によって異なります。また、布団のサイズや素材によっても料金は違います。例えば、シングルの敷き布団1枚のクリーニング料金相場は6,000~10,000円くらいです。複数枚の布団を一度にクリーニングに出せば、割引を受けられることもあります。

近年は宅配クリーニングサービスも登場しています。宅配サービスを利用する場合、クリーニング料金の他に送料がかかるのが一般的です。クリーニング料金や送料が気になるときは、前もって確認したり、見積もりを取るのがおすすめです。

宅配クリーニングで敷き布団を綺麗にするならきららウォッシュへ!

敷き布団についた汚れを応急処置で拭き取ったとしても、中までは見えないので心配になるものです。敷き布団の表面はもちろん、中綿まで染み込んだ汚れをしっかりと落とすなら、クリーニングの利用をご検討ください。

きららウォッシュでは、宅配を利用したクリーニングサービスをご用意しております。ご注文後に宅配キットをお届けし、同封した発送マニュアルの手順に沿って敷き布団を布団袋に入れて送るだけと簡単・手軽です。

宅配クリーニングで敷き布団を綺麗にするならきららウォッシュへ

ショップ名 布団クリーニングきららウォッシュ
運営会社名 株式会社きらら
代表取締役 伊藤 恵一
資本金 1,000万円
住所 〒747-0824 山口県防府市新築地町26−7
TEL
FAX 0835-28-9770
メールアドレス info@kirarawash-shop.com
URL https://kirarawash.com/
運営会社URL http://kiraracorp.co.jp/
営業時間 平日9:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日休み
業務内容 布団クリーニング
ページの先頭へ