トピックス

布団の光触媒抗菌加工・コーティング

光触媒加工で布団のニオイの元や菌を分解除去します

布団の光触媒抗菌コーティング

光触媒とは?

光触媒とは、光をエネルギーとして活用して有機物を分解すると言うものです。酸化チタンを触媒として用いた技術で、太陽光や電灯の光が当たると活性酸素を発生させ、接触するアレルゲン・カビ・臭い・花粉・PM2.5・ウイルスなど有害物質の分解・除去に効果を発揮します。

光のエネルギーで布団を抗菌・防臭

太陽光はもちろん、蛍光灯やLEDの室内灯でも効果を発揮!!

太陽光はもちろん、蛍光灯やLEDの室内灯でも効果を発揮!!

お布団の生地にコーティングを施し、室内の照明の光でも光触媒作用が起こります。
ニオイの原因となる雑菌の増殖を防ぎ、お布団を衛生的にお使いいただけます。

衣服と違い頻繁に洗うことができないものだからこそ光触媒加工で清潔に

光触媒抗菌コーティング Nanozone Coat
抗菌・抗ウイルス・防汚・防臭・分解

最先端の光触媒技術
ナノゾーンコート

最先端の光触媒技術 ナノゾーンコート

これまでの光触媒は、太陽光などに含まれる紫外光により作用を発揮するのに対し、ナノゾーンコートは蛍光灯やLED証明など、屋内の光の弱いエネルギーでも高い効果を発揮する画期的な素材です。

触媒となる酸化チタンが施工面の素材に吸着し、光が当たると菌やウイルスだけでなく、アンモニア臭やガス、ホルムアルデヒドまで分解除去します。また、ナノゾーンコートは新型コロナウィルスを分解不活化するという試験結果を有しています。

散布した瞬間だけ抗菌する一般的な除菌スプレーと違い、光照射の度に効果を発揮し続けます。

光触媒反応を発揮する照明

日光・白色蛍光ランプ・LED昼白色・LED電球色・白熱電球・赤外線電球・ブラックライトとなります。
ブラックライトや殺菌灯の紫外照射など人の目から見て暗い光でも十分に光触媒反応を起こします。

光触媒の仕組み

ナノゾーンコート面(酸化チタンの超微粒子)に光が当たると活性酸素を発生させ、接触する有機物を水と二酸化炭素へ分解します。

ナノゾーンコート面(酸化チタン)が活性酸素を発生させ、有機物を水と二酸化炭素へ分解します

ナノゾーンコートが、太陽光や蛍光灯、LEDなどの光を吸収して強い光触媒作用を発揮します。

太陽光や部屋の照明の光が当たることによって、空気中の水分と酸素と反応して活性酸素を発生させ、表面上に接触する有機物(ウイルス・微生物・VOCガスなど)を酸化分解あるいは分解減少させます。有機物が酸化分解されると、水と二酸化炭素となり無害化します。

※VOCガスとは、ホルムアルデヒド、ベンゼン、トルエン、メタンなどの揮発性有機化合物のことです。接着剤や防腐剤、塗料の成分として含まれることもあり、その濃度によっては人体に悪影響を及ぼします。屋内の空気中から検出されることがあります。

様々な有害物質に効果を発揮

花粉・PM2.5・ホルムアルデヒド・ノロウイルス・インフルエンザウイルス・カビ・バクテリアの分解・不活化に有効に働きます。

酸化チタンは人体に無害です

酸化チタンは、アメリカ食品医薬品局(米国FDA)でも安全性と有効性が認められている人体に無害な成分です。
経口毒性も皮膚刺激成分もなく、人体にも環境にも優しく安心です。日本でも化粧品や歯磨きなどに使われています。

国内外の様々な分野で活躍

当店では布団クリーニングのオプションとして施工を行っている「ナノゾーンコート」ですが、飲食店、医療機関、一部上場企業、自動車ディーラー、ホテルなど国内1,000箇所以上、様々な分野での施工事例があります。海外ではポルシェ・BMWディーラーがシートなど車内のコーティングに採用しています。

国内外の様々な分野で活躍

ナノゾーンコートの特長

ナノゾーンコートは
酸化チタン粒子の表面積が大きいのでわずかな光でも効果を発揮!! そのヒミツは、接着剤を必要としない2ナノの超微粒子酸化チタン
従来の酸化チタン(粒子径が大きい)
ナノゾーンコートの酸化チタン(粒子径が小さい 正解最小レベルの2ナノ

ナノゾーンコートは 超微粒子自己結合型酸化チタンが分散している水溶液です。
幅広い分野で使用され非常に高度な製品になっています。

  1. 水溶液中の超微粒子酸化チタンのサイズは、2~3nmという世界最小の超微粒子です。
    ※1nm(ナノメートル)=10億分の1メートル
  2. このような2ナノのサイズの世界では、物質の性質はニュートン力学的法則には寄らず、量子力学的法則に左右されることになります。
  3. 水溶液中の超微粒子酸化チタンは、分子間力によって、あらゆる物質の表面に粒子自身の量子物理的力によって付着・結合します。 施工後、水が蒸発してしまうと、酸化チタン粒子自体が、あらゆる表面に長期間にわたり強い結合を行います。
  4. 水溶液中の超微粒子酸化チタンは、高ポテンシャルエネルギーを持っているので、粒子は水中で高速運動し、光エネルギーを吸収する機会が大きいため、極めて高い光触媒活性力を発揮します。
  5. 水溶液中の超微粒子酸化チタンは毒性はなく安全です。
  6. ウオーターベースの溶液であり、バインダーを使用していません。
  7. 200~750nmの広い光エネルギーを吸収して、触媒作用を発揮します。
  8. 過去半世紀以上、酸化チタン光触媒製品の大きな課題であった、酸化チタンの活性表面を覆ってしまうフィルムを形成する、バインダー(接着剤)を使うという矛盾を解決し、光触媒効果を理論通りに発現させる環境を、ナノゾーンコートの超微細粒子化技術によって実現しました。

光触媒作用の効果測定

布団に付着している菌の検査方法

ルミテスター Smart

光触媒加工の有無による菌の増殖量の違いについて

光触媒作用によって菌の増殖を抑え減少させることができるのか、当店のスタッフ私物の布団2枚を持ち込みテストを行ってみました。

布団生地表面の汚染度を数値化

高感度に汚れを検出し数値化するATPふき取り検査(A3法)を行います。
生き物を含む多くの有機物に含まれるATP(アデノシン三リン酸)を汚れの指標とした検査方法です。

キッコーマンバイケミファ株式会社様のルミテスター Smartという装置を用いることで、汚染度を数値化します。誰が行っても同様な判断をすることができ、客観的な衛生管理を行うことができます。

【ATPふき取り検査(A3法)とは】
https://biochemifa.kikkoman.co.jp//kit/atp/method/about/

※ウイルスはATPを含まないため、ATPふき取り検査ではウイルスを検出できません。

検査工程

洗浄前

布団1・布団2

1.洗浄前:
当店スタッフ本人とそのご家族が日常使用している布団で、定期的にクリーニングも行っているものです。

洗浄前の数値を計測すると、布団1と布団2で数値に大きく差があります。目で見ただけでは汚れもなくキレイに見えますが、数値化され菌などの有機物の付着があることが分かります。

洗浄後

布団1・布団2

2.洗浄:
2枚の敷き布団の洗浄と乾燥を行いました。

3.ATPふき取り検査:
再度ルミテスターで数値を計測すると、洗浄前は大きく差があった両布団とも同レベルの3桁の数値となりました。

※病院の手術室だと数値が大体200~300と言われています。

光触媒加工

布団1・布団2

4.光触媒加工:
布団2のみ光触媒コーティングを施工しました。

5.有機物の付着:
両布団のテスト箇所へ手のひらを当てて、汗や皮脂を布団生地へ付着させます。

可視光を当てた後再計測

布団1:光触媒加工なし 布団2:光触媒加工あり

6.光触媒反応:
両布団を室内の照明の光が当たる場所で1時間放置しました。

7.ATPふき取り検査:
1時間後、数値を計測した結果大きく差が生じました。

結果

布団1(光触媒加工なし):ATPふき取り検査計測値 1831
布団2(光触媒加工あり):ATPふき取り検査計測値 254

光触媒なしの布団は数値が上がり、時間経過とともに菌が増殖したことを表します。
光触媒ありの布団は数値が下がり、時間経過とともに菌が減少したことを表します。

計測値の変化
ATP 布団1 布団2(光触媒)
洗浄前 8301 20674
洗浄後 409 583
再検査 1831 254

清潔で安全な睡眠環境のために

布団が干せない環境の方にもおすすめです

マンション等の居住ルールによっては、落下事故防止や景観の問題からバルコニーで布団を干すことが禁止されている場合も多いかと思います。
ナノゾーンコートで光触媒コーティングをした布団なら、太陽光はもちろんのこと、室内の照明の光でも効果を発揮してくれますので、日光消毒ができなくても清潔さを保ちます。お部屋の風通しを良くして可視光の当たる場所で部屋干しをすることでもメンテナスになります。

効果の維持には定期的なコーティングを

ナノゾーンコートは、超微粒子の酸化チタンが施工面に分子結合するので、コーティングだけが剥がれ落ちることはありません。しかし、布団を使用している間、施工面の布団生地と布団カバーや、肌との摩擦で生地繊維が摩耗する可能性が高いので、1年~2年ごとにご依頼いただくとより安心です。

只今キャンペーン実施中です

期間中は特別価格にて光触媒抗菌コーティングをご利用いただけます。
布団クリーニングご注文の際に、オプションより光触媒抗菌コーティングの枚数をお選びください。
布団2枚ご注文の内1枚だけコーティングも可能です。この機会に是非お試しください。

【ナノゾーンコート】光触媒抗菌コーティング

布団クリーニングきららウォッシュ(運営会社:株式会社きらら)は、ナノゾーンコートの施工代理店契約を結んでいます。

無添加洗濯洗剤バンブークリア

赤ちゃんや敏感肌の方におすすめ
オーガニックの洗濯用洗剤

赤ちゃんや敏感肌の方におすすめ 純日本製の洗濯用洗剤

「赤ちゃんの服の洗濯にはどんな洗剤を使えばいいの?」

赤ちゃんの肌に直接触れるものを洗うには、洗剤の成分や安全性が気になりますよね。
一般的によく使われている洗濯用合成洗剤は、成分として界面活性剤が含まれており汚れに対して強力な洗浄力を発揮しますが、すすぎが不十分だった場合、洗剤残りによって肌荒れの原因となってしまいます。

この記事では、赤ちゃんや敏感肌の方におすすめ「無添加な洗濯洗剤」をご紹介いたします。

肌にやさしい無添加洗濯洗剤
バンブークリア

肌にやさしい無添加洗濯洗剤 バンブークリア

「がっちりマンデー」で紹介されたうわさの竹洗剤「バンブークリア」です。

原料は3つの天然成分のみ

バンブークリアは日本の竹から独自の自然抽出製法で1ヶ月時間をかけて丁寧に作った、天然成分100%の無添加洗濯用洗剤です。

原材料は「竹炭」と「竹炭灰」と「湧き水」のみ

炭窯で3日間かけてじっくり焼き上げた最高級竹炭と、2トンの竹から500グラムしかとれない貴重な灰を原料に使用しています。湧き水はミネラルを豊富に含んだ湧き水を使用しています。

赤ちゃんや肌の弱い方にも安心

界面活性剤、香料、着色料、化学物質は一切含まれていませんので、赤ちゃんの肌着や敏感肌の方でも安心してご使用いただけます。
泡が立たず、すすぎも1回ですみ、繊維に余計なものが残らないので肌への負担も少なくなります。

「洗剤残りが気なる」洗剤を変えてみたい方へ

洗濯物表面に界面活性剤が残り、それが刺激となって肌荒れをおこしている場合は、とにかくすすぎの回数を多くする又は洗剤の使用量を少なくするなどの方法が考えられます。

衣服との接触が肌荒れの原因と考えられる場合は、現在使用している洗濯洗剤の表示ラベルを見て、成分に「界面活性剤」の表記があるか確認してみてください。

天然成分100%無添加のバンブークリアなら、洗剤残りによる肌への刺激の心配はありません。ぜひ一度お試し下さい。

界面活性剤なし・漂白剤なし・香料なし

見た目は水のように無色透明です。
きつい香料も一切入っていないので、
洗剤や柔軟剤のにおいが気になる方にもおすすめです。

ethical bamboo
ethical bamboo

製造元:ethical bamboo

昔の日本では灰を水に混ぜて灰汁(あく)を作り、その灰汁を使って洗濯をしていました。
そんな先人たちの知恵に学び、石鹸や合成洗剤に近い機能を持った天然成分を豊富に含むことで、シンプルながらも汚れをきちんと落とす、安心・安全・エコな洗濯用洗剤をつくりました。

バンブークリアは、エシカルバンブー株式会社(山口県防府市)が50年以上歴史のある竹炭の窯元と協力し、原料となる竹の採取から成分の抽出、製造出荷まで全て手作りしている竹洗剤です。

皮脂汚れにも消臭にも効果的です

バンブークリアが汚れを落とす仕組み

バンブークリアの中に含まれるアルカリ成分が汚れと反応し石鹸となって汚れを分解します。

成分として多く含まれるケイ素 (ケイ酸塩として存在) は 油汚れに強いためアルカリ洗浄剤の洗浄力を高めます。

バンブークリアに含まれるアルカリ成分が皮脂汚れなどの脂肪酸に反応します。

柔軟剤を入れなくてもふっくらな仕上がり

洗濯物の素材の種類は、綿・麻・コットン・合成繊維や、ウール・シルク・カシミヤなどデリケートな素材もOKです。

選択後・洗濯前 「天然竹炭のミネラルによってふっくら柔らかな仕上がりです。」

竹の消臭効果で衣類や洗濯槽のイヤな臭いも軽減します

竹の成分には消臭効果があり、洗濯後のにおい残りもありません。(※消臭効果に関しまして当社が保証するものでは無いことをご理解願います)

竹の消臭効果で衣類や洗濯槽のイヤな臭いも軽減します
竹の消臭効果で衣類や洗濯槽のイヤな臭いも軽減します

効果的な使い方

約40℃のぬるま湯で20分の浸け置きが効果的です

30℃くらいのぬるま湯で20分の浸け置きが効果的です

洗濯機に洗濯物と水、そして使用量のバンブークリアを入れ5分ほど洗濯機を回します。
5分回した後に止めて20分浸け置きします。この際、約30℃のぬるま湯を使用すると効果的です。
汚れ具合がひどくない場合は、浸け置き時間を少なくしたり、お湯の使用もしないなど調整をしても良いと思います。

洗濯機を数分回して成分を行き渡らせる

洗濯機を5分ほど回してバンブークリアの成分を洗濯物全体に行き渡らせ、繊維に浸透させる時間を取ることで汚れ落ちの効果をより発揮します。

20分経ったら洗濯物の種類に合わせたコースで洗濯機を回してください。すすぎは1回で大丈夫です。

デリケートな素材を手洗いする場合も、まずは20分の浸け置きをおすすめします。
手洗いの場合でも、洗剤による手荒れの心配なく安心してお使いいただけます。

使用量の目安

洗濯の水量が30Lの場合、バンブークリアを10mL使用します。バンブークリアのボトル1本(620mL)で約62回洗濯ができます。

赤ちゃんの肌着やデリケートな衣服もバンブークリアのみで洗えるので他の洗剤や柔軟剤も不要です。すすぎも1回で済むので電気代、水道代の節約になりコスパも良いです。

当店では布団洗浄に使用しています

天然成分100%オーガニック洗剤で布団を洗います

当店の布団クリーニングに使用しています

バンブークリアは、当店の布団クリーニングの洗浄剤の1つとして使用しており、オプションにてお選びいただけます。

汚れ落ちや匂い、ふっくら感など仕上がりに関しまして、ご利用いただいたお客様より満足の声を多く頂いております。布団クリーニングでのオプションとして取り扱い開始以来、こちらの天然成分100%オーガニック洗剤をお選びになるお客様が多数です。

汚れ落ちに関しましては汚れの種類や放置期間によるところも大きく、100%キレイに落ちると断言することは難しいですが、従来使用している中性洗剤と比べても遜色ない洗浄力だと感じています。

肌にもやさしい洗剤ですので、直接肌に触れる布団を洗うのにも適しています。

バンブークリアの
ボトル・詰替パックを販売しています

布団クリーニングきららウォッシュがおすすめする洗濯洗剤

当店はバンブークリアの正規取り扱い店です。
ショピングサイトにて、バンブークリアの計量カップ付ボトル及びお得な詰め替えパックの販売をしております。
肌にも環境にもやさしいこだわりの無添加洗剤バンブークリアをぜひ一度お試しください。

度々テレビ等メディアに取り上げられ、認知度も益々上がることが予想される人気の商品ですが、1ヶ月時間を掛けて丁寧に作られることも合わさり品薄となる場合がございます。売り切れとなった場合は入荷までお時間を頂く場合があります。予めご理解ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。

布団クリーニングと合わせてご注文いただいた場合は送料が無料になります。
※お届け先が本州・九州・四国の場合に限ります。必ず商品を一緒にショッピングカートへ入れて決済をお願いします。個別に決済されますと送料が発生します。

計量カップボトル620ml¥1,320(税込)詰替パック1000ml¥1,650(税込)詰替パック3000ml¥4,378(税込)
ご購入はこちらから
送料660円(税込)

布団クリーニングの必要性

布団は干すだけではきれいになりません
ダニアレルゲン対策なら丸洗いがおすすめです

布団は干すだけではきれいになりません

汗や皮脂を落とすには丸洗いが効果的です

汗や皮脂を落とすには丸洗いが効果的です

人は寝ている間に汗をかき、それと同時に皮脂も分泌します。
汗は体温調整、皮脂は表膚の保護と役割がありとても大切なのですが、布団の繊維にはこれがとても厄介なのです。

人の汗と皮脂について

汗の成分は尿に近いもので、酸・アルカリ・塩など繊維を傷めるものを多く含んでおり、特にアンモニア化合物は繊維そのものを脆くします。

皮脂はその名のとおり『あぶら』であり、空気中の酸素によって酸化を起こし、黄色物質になってしまいます。表膚上に付着している細菌の影響により臭いも発生します。

皮脂などは人由来の水溶性の汚れですので、水洗いすることで洗い流すことができます

布団の生地や中綿に染みついた汗や皮脂は、布団を干すことでは解決できない汚れです。
毎日触れるお布団を長く大切に使うためにも、定期的に丸洗いによるクリーニングすることをおすすめします。

お布団の使用状況にもよりますが、頻度としては1年に1回、シーズンオフになったお布団を収納する前にクリーニングすることで汚れの固着や臭いの発生を防ぎ、次のシーズンには気持ちよく布団を使用することができます。

汗が布団の繊維を傷つける

汗がお布団を傷つける

人は一晩に約180cc(コップ1杯)の汗をかくといわれています。
パジャマやシーツも、一晩にかいた汗の一部を吸収してくれますが、ほどんとは布団が吸ってしまいます。掛布団には約30%、敷布団には約70%の汗が吸収されてしまうのです。

汗に含まれる成分、酸・アルカリ・塩・アンモニア化合物などが布団の繊維を傷つけ、中わたの復元力や保温力を低下させてしまいます。汗を吸ったお布団を長い間放置しておくとお布団の寿命を縮めてしまうことになります。

アレルゲンのない快適な睡眠を

アレルギーとは

よく耳にするアレルギーとは、ある特定の物質に対し過敏に反応を起こしてしまう免疫反応のことです。

ダニアレルゲン

アレルギーの原因

日本家屋内で特に多く見られるチリダニ類

ダニの種類は様々で、特に屋内で多く見られるチリダニ類は、そのもの自体は人体に無害です。しかし、ダニのフンや死がいがアレルギーの原因物質(通称アレルゲン)となってしまうのです。アレルゲンがアレルギー体質の方の体内に入ってくると、過激に免疫反応を起こしてしまいます。(花粉症も同じですね)

日本は特に湿度の高い気候で、しかも近年は高気密の住宅が多くなっており、かつエアコンの普及により部屋は快適な温度で換気も不足、ますますダニの繁殖を助長してしまっています。

ダニは目に見えないほど小さな存在なので 私たちも意識することが少ないかと思いますが、日本家屋内においてダニのいない家はありません。(旧厚生省の検査でも実証されています)

ダニの好物

アレルゲンのない快適な睡眠を

一般家屋ではチリダニ類が主(全体平均の90%)で、その他にコナダニ類(米・麦など食品 に寄生)や、人を刺すツメダニ類(ネズミなど小動物が持ち込むが近年少ない)などが有名です。これらはその小ささから気づくことができませんが、家屋内で も数万~数十万匹生息しているものなのです。

そしてチリダニ類は基本雑食ではありますが、特にタンパク質系を好みます。ダニは人から出るフケ・アカなど表膚からの脱落物が大好物なのです。布団は人の汗により湿度・温度共に最適、おまけに食事付とチリダニ類にとってまさに楽園です。

お布団を干すだけではダニは死にません

ダニは布団の奥に入り込んでしまいます

アレルギーとアレルゲン

布団は表裏返して干せば、湿度が下がりホクホクお日様の香りですが、残念ながらダニ達は布団の厚みの中を行き来するだけで、ほとんど死にません。しかも布団をバンバンと叩くことによって、ただでさえ小さいフンや死がいをもっと細かく砕いてしまい体内侵入しやすくしてしまっているのです。常時アレルゲンと一緒では、アレルギー体質でない方もアレルギー体質になってしまいます。

シーツや布団カバーを週に1度は洗濯し、ダニの死骸やダニの食料となるアカやフケを洗い落とすだけでも防ダニ対策になります。

布団・寝具に掃除機をかけるのも効果的です。さらにダニ達の温床となっている布団を専門技術で丸洗いし、ダニやその卵、フンや死骸などアレルギーの原因となるものをすべて洗い流すことで、清潔なお布団にすることができます。

高温乾燥によるダニの死滅

当店では高温による乾燥を行います

当店のクリーニング専門工場では高温による乾燥を行います

乾燥機の種類によって差はありますが、大体75℃~100℃の熱風を布団全体に通す乾燥工程を、時間を置いて2度行います。

ダニは熱に弱く、60度以上の温度で死滅するといわれています。

当店では薬剤を使用した特別な防ダニ加工は行っておりませんが、洗浄と高温乾燥によるダニの死滅効果があります。

夏の布団をしまう前に丸洗いをしましょう

汗をたくさん吸った夏のお布団をそのまま収納していませんか?

夏の布団をしまう前に丸洗いをしましょう

ダニは特に梅雨から夏に増え、気温の低い乾燥した冬に減る傾向があります。

近年は、気密性や保湿性が高いマンションなどの住宅が多いため、雨の多い秋口からまだまだ暖かい10月頃や、暖房が入り始める11~12月頃などもダニの好む温度や湿度が保たれ、1年中ダニにとって住み心地の良い環境といえます。

ダニの寿命は約2~3カ月といわれていますが、7~9月に繁殖した後、寿命で死んだダニの死がいや糞はそのまま布団へ残ることになります。それがダニアレルゲンとなり、その量は10月にピークを迎えます。

ダニアレルゲンの増殖を防ぐには

夏にたくさんの汗を吸い、垢やフケが付着した布団。それを温床として増えるダニ。
何も対策をしないままだと、お布団のダニアレルゲンはどんどんと蓄積されていきます。
夏のお布団をしまう時だからこそ布団の丸洗いして、ダニの温床とならない清潔なお布団へリセットすることをおすすめします。

洗わない場合でも収納前にしっかりと乾燥させましょう

ダニやカビ・雑菌の繁殖を抑えるためにも、湿気を含んだままの布団を収納をするのは絶対に止めましょう。
布団を干したり叩いたりしただけではダニを死滅させることはできませんが、湿気を取り除くことである程度は繁殖を抑制できます。

布団に潜むダニを死滅させるには長時間布団の全体を熱する必要があります。
家庭用の布団乾燥機でも最近ではダニ退治機能が搭載されているものも多いようです。

シーズンオフのお布団を収納する際、湿気やダニなど気になる場合は、布団乾燥機の使用やコインランドリーへの持ち込み、または専門の布団クリーニングをご検討されてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ